めもめも

このブログに記載の内容は個人の見解であり、必ずしも所属組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。

Google Colaboratory を用いた演習環境の準備手順(TensorFlowによるニューラルネットワーク入門編)

はじめに、Google アカウント(Gmail アカウントと同じもの)を取得しておいてください。

Google Colaboratory にアクセスして、Python 3 の新規ノートブックを開きます。

コード用のセルで次のコマンドを実行して、Google Driveをノートブックの実行環境にマウントします。

from google.colab import drive
drive.mount('/content/gdrive')

次のように、ユーザー認証のリンクが表示された場合は、リンクをクリックして認証を行います。認証コードが表示されるので、それをコピー&ペーストで入力してください。

コード用のセルで次のコマンドを実行すると、ノートブックが Google Drive にダウンロードされます。

%%bash
cd '/content/gdrive/My Drive/Colab Notebooks'
git clone https://github.com/enakai00/colab_tfbook.git

Google Drive の下図の場所にフォルダーができていることを確認します。(見つからない場合は、ブラウザーの画面をリフレッシュしてください。)

ノートブックを開く際は、右クリックのメニューから「アプリで開く」⇒「Colaboratory」を選びます。

ここでは、動作確認用に「Chapter01/1. Least squares method with low-level API.ipynb」を開きます。

メニューから「編集」⇒「出力をすべて消去」を選択すると、既存の実行結果が消去されます。

メニューから「ランタイム」⇒「すべてのセルを実行」を選択すると、すべてのセルが上から順に自動実行されます。

すべてのセルが正しく実行されることを確認しておいてください。たとえば、最後のセルでは、次のようなグラフが表示されます。