読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めもめも

このブログに記載の内容は個人の見解であり、必ずしも所属組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。

Red Hat Update Infrastructure(RHUI)について

RHUIとは?

RHELのサブスクリプションをご購入いただいたユーザは、rhn_register/rhnreg_ks/subscription-managerなどで、Red Hat Networkにシステムを登録して、yumコマンドでエラータ/アップデートを適用することができます。

一方、AWSやニフティクラウドで提供される公式のRHELインスタンスは、そのような登録作業を行わなくても、最初から、yumコマンドでエラータ/アップデートを適用することができるようになっています。これは、クラウドのネットワーク上にRed Hat Update Infrastructure(RHUI)と呼ばれるシステムが用意されており、RHUI上に用意されたリポジトリを使用する設定が事前になされているためです。

RHUIの概要資料がこちらにあるので、興味のある方はご参照ください。

RHUIは、Pulpというオープンソースのリポジトリ管理ツールをベースに作られていますので、「Pulpでこんなことができるんだよ」という情報になれば幸いです。

ニフティクラウドでRHUIを使ってみる

ニフティクラウドでRHEL6.3の仮想マシンを起動すると、次のように最初からレポジトリが利用可能になっています。

[root@localhost ~]# yum repolist
Loaded plugins: product-id, rhui-lb, security, subscription-manager
Updating certificate-based repositories.
Unable to read consumer identity
rhui-rhel-6-server-rhui-rpms                             | 3.7 kB     00:00     
rhui-rhel-6-server-rhui-rpms/primary_db                  |  16 MB     00:00     
repo id                      repo name                                  status
rhui-rhel-6-server-rhui-rpms Red Hat Enterprise Linux 6 Server from RHU 8,539+28
repolist: 8,539

レポジトリサーバがクラウド上にあるので、インターネット経由でRed Hat Networkのレポジトリを使うよりも高速にアップデートが可能です。次のように「yum update」で最新パッケージにアップデートされます。

[root@localhost ~]# yum update
Loaded plugins: product-id, rhui-lb, security, subscription-manager
Updating certificate-based repositories.
Unable to read consumer identity
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package bind.x86_64 32:9.8.2-0.10.rc1.el6 will be updated
---> Package bind.x86_64 32:9.8.2-0.10.rc1.el6_3.4 will be an update
---> Package bind-libs.x86_64 32:9.8.2-0.10.rc1.el6 will be updated
(略)
---> Package tzdata.noarch 0:2012c-1.el6 will be updated
---> Package tzdata.noarch 0:2012f-1.el6 will be an update
---> Package udev.x86_64 0:147-2.41.el6 will be updated
---> Package udev.x86_64 0:147-2.42.el6 will be an update
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package         Arch   Version              Repository                    Size
================================================================================
Updating:
 bind            x86_64 32:9.8.2-0.10.rc1.el6_3.4
                                             rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 4.0 M
 bind-libs       x86_64 32:9.8.2-0.10.rc1.el6_3.4
                                             rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 871 k
 bind-utils      x86_64 32:9.8.2-0.10.rc1.el6_3.4
                                             rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 181 k
 cups            x86_64 1:1.4.2-48.el6_3.1   rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 2.3 M
 cups-libs       x86_64 1:1.4.2-48.el6_3.1   rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 316 k
 dbus            x86_64 1:1.2.24-7.el6_3     rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 207 k
 dbus-libs       x86_64 1:1.2.24-7.el6_3     rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 127 k
(略)
 strace          x86_64 4.5.19-1.11.el6_3.2  rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 171 k
 subscription-manager
                 x86_64 0.99.19.4-1.el6_3    rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 398 k
 sudo            x86_64 1.7.4p5-13.el6_3     rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 423 k
 tzdata          noarch 2012f-1.el6          rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 449 k
 udev            x86_64 147-2.42.el6         rhui-rhel-6-server-rhui-rpms 361 k

Transaction Summary
================================================================================
Upgrade      44 Package(s)

Total download size: 57 M
Is this ok [y/N]: y
(以下略)

RHELのサポート窓口について

AWSやニフティクラウド、その他には、NTT Communications Bizホスティングベーシック、IBM SmarterCloud Enterprise、Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5など(すべてのクラウドをあげきれません・・・すいません。。。)、レッドハット公式の(サブスクリプション付きの)RHELイメージが提供されるクラウドでは、RHELに関する質問や障害時の問い合わせをクラウドプロバイダの窓口に行なっていただくことができます。(AWSの場合は、AWSプレミアムサポートへの加入が必用。)

OSのサポートでは、ハードウェアや仮想化ハイパーバイザに起因する問題もあるため、ハードウェア/ハイパーバイザにアクセスできる人がいないとスムーズなサポート提供が難しくなります。クラウドプロバイダがサポート窓口になることにより、ハードウェア/ハイパーバイザにアクセスできるプロバイダのサポート部隊と、RHELのスペシャリストであるレッドハットのサポート部隊が協力してサポートを提供できるようになっているわけです。

(参考)