読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めもめも

このブログに記載の内容は個人の見解であり、必ずしも所属組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。

JAQL実行環境のセットアップ手順 (0.5.1 pre-build 版)

前提

最新の JAQL は、Hadoop 0.20.2 が前提になっています。以下の手順は、Hadoop 0.20.2 と組み合わせる場合の手順です。
JDK は 6 以上が必要です。

Hadoop 0.20.2 のクラスタを用意する。

(参考)http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100910/351912/

Hadoop クラスタに JAQL を導入する。

以下の手順は、管理ノードで実施します。

(1) JAQL をダウンロードして展開する。

# su - hadoop
$ cd ~/work
$ wget http://jaql.googlecode.com/files/jaql-0.5.1_12_07_2010.tgz
$ cd ~
$ tar -xvzf ~/work/jaql-0.5.1_12_07_2010.tgz

(2) Hadoop 実行ユーザ(ここでは hadoop とする)の .bashrc に以下を追記

#### ここは Hadoop のための設定
# User specific aliases and functions
export HADOOP_HOME=/home/hadoop/hadoop
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$HADOOP_HOME/bin:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH
for f in $HADOOP_HOME/*.jar; do
        CLASSPATH=${CLASSPATH}:$f;
done
for f in $HADOOP_HOME/lib/*.jar; do
        CLASSPATH=${CLASSPATH}:$f;
done

#### ここが JAQL のための設定
export JAQL_HOME=/home/hadoop/jaql-0.5.1
export PATH=$PATH:$JAQL_HOME/bin
for f in $JAQL_HOME/*.jar; do
        CLASSPATH=${CLASSPATH}:$f;
done
for f in $JAQL_HOME/lib/*.jar; do
        CLASSPATH=${CLASSPATH}:$f;
done

(3) Hadoop を起動

$ start-all.sh

(4) JAQL Shell を起動(-c オプションが必要なので注意)

$ jaqlshell -c

(5) 動作確認に、ここのサンプルを実行してみる。

http://code.google.com/p/jaql/wiki/JaqlOverview